FC2ブログ

ホームページビルダー17を購入しました(´∀`)ノ

ねこぎじです。

表題にありますように、ホームページビルダー17を購入しました。

いままでの数週間をホームページビルダー17体験版を利用してテストしておりました。

このバージョンから、WordPress対応の機能が追加されました。この機能を利用すればWordPressのサイト構築が簡単に出来る点が素晴らしいと思います。

とはいえ、機能的な面ではテンプレート作成機能という意味合いが強いと感じております。それでも巷に出回っているテンプレートを利用するより出来栄えのよいサイトが出来ることは間違いありません。

とこでホームページビルダー16を購入してたので、バージョンアップ版を購入させて頂きました。

もっとも基本的なパッケージを選びましたが、素材集についてはビジネスパック等に比べると見劣りします。

このホームページビルダーはホームページを作るだけでなく、ロゴマークやトップページのヘッダ画像の編集機能を有しており、それをとても気に入っております。


もともとロゴマークや、トップページのヘッダ画像などは素材からグラフィックソフト等で編集する手法が一般的ですが、ねこぎじのような一般人にはそれらのグラフィックソフトで作成する作業自体が敷居の高い作業になることが多いと思うのです。


どんなに素晴らしいソフトでも使いこなすこと自体が難しく、デザインのイメージをソフトを利用し作品として完成させるにはスキルが不足していることで、思い通りの作品を完成させることが難しかったりします。


ところがホームページビルダー付属の機能にグラフィックソフト系のおまけの機能が付属します。


この機能を利用すれば、付属しているプロが作成したロゴマーク等の素材を多少の修正を加えるだけで自分だけのカスタマイズ画像が完成します。

これならば気に入った素材から修正するのでより自分の好みに近い素材が作成できます。


結果として写真やロゴマーク等の素材が揃えばサイト構築など簡単に出来てしまうことが魅力の一つとなっています。


ご興味があればぜひ利用してみてください。


ホームページ・ビルダー17 通常版 バリューパックホームページ・ビルダー17 通常版 バリューパック
(2012/10/05)
Windows

商品詳細を見る



それでは皆様のお仕事が捗りますようにお祈りしてます。
ではでは。
スポンサーサイト



テーマ : web制作
ジャンル : コンピュータ

WebMatrix2にてWordPressの新規テーマを手動で追加する方法

00 Webmatrixの最初

ねこぎじです。


WebMatrix2上にWordPressの環境を構築すると既存のテーマが2つ用意されています。

wordpressの初期テーマ


でもせっかくだからテーマも自作したい!

そう思った瞬間に、ちょっとしたツボにハマってしまいます(>_<)


WebMatrix2上にWordPressの環境を構築すれば通常のWordPressとまったく同くブラウザからWordPressにログインして、サイトの構築ならびにテーマのカスタマイズが行えるのです。


実に良くできている仕組みです。ここまでなにも問題ないのですが・・



WebMatrix2にはファイル管理を行うことが出来ます。そうです。直接ファイルを操作・追加・編集・削除などが可能なのです。

そこで思いついたのが覗いているディレクトリにはWebMatrix2の開発環境で手動にてテンプレートを自作することが可能ではないかと考えたのです。

後で紹介するWordPress デザインブックというとても参考になる書籍にテーマ作成の参考資料が掲載されていましたので手順はおぼろげながら理解出来ていました。


ところが、最初はどれがWordPressのテーマを構成しているファイル群の場所が、解らなかったのです。
新規に構築したいテーマをどこに保存すれば良いかが分かれば、問題は解決するはずです。



WebMatrix2から見た場合、「ファイル」は、エクスプローラー風に覗くことが可能です。


いろいろなディレクトリを覗いて行くとindex.phpというファイルが複数あることに気が付くはずです。

このindex.phpファイルは大雑把に言いますと、Webサイトを表示したときに最初に表示される内容を記述したHTMLと同等の内容が記述されたファイルなのです。


そのため、テーマのファイル群を見つけるためには中心的役目のindex.phpファイルを見つけることが近道だと、考えていました。

とろこが問題のindex.phpファイルは複数あることが判明した訳です。

これが判明しないとWebMatrix2からWordPressの新規テーマを自作する方法が確立しません。


物は試しにWebMatorix2から「ファイル」をファイルエクスローラ的な画面を開いて確認してみます。

1 Webmatrixの最初 migi

その他に・・

1 Webmatrixの最初 indexがいくつも・・

ディレクトリ上に複数のフォルダに、index.phpが存在していることが判ります。



WordpressはWebサイトを表示させる為に、PHPという言語で構成されたWprdPressのシステムから、HTMLファイルを生成し、自分が観ているPCのブラウザにWebサイトを表示させます。

その最初に表示するHTMLファイルと同等のファイルが、ほとんどの場合index.phpですので、まずindex.phpを探していたのです。

しかし、画像にあるindex.phpを眺めていると、目的のphpファイルで無いことに気が付くのです。

これはWordPressのindex.phpファイルでは無いのだろうかと。目的のindex.phpはテーマを構成しているindwx.phpなのですから。



そこで「WordPress デザインブック」を参照すると



テーマのコンテツはファイル構成上としては

「wp-content」というフォルダの中にある→「themes」というサブフォルダにアイテムが格納されていることが解りました。

テーマは標準で「twentyten」と「twentyeleven」の二つがthemesサブフォルダにありました。


wordpressの初期テーマ

このことから、「wp-content」というフォルダの中にある→「themes」に新規テーマを「手動」で追加することが可能だと理解できました。

そこで、紹介した書籍のsampleテーマを追加する方法でテストしてみました。

手順は以下の通りです。

1 Webmatrixの最初

ファイルを開いて、「themes」に新規テーマを格納するフォルダを作成します。

1_2 WebmatrixでwordPressの新テーマ格納ホルダを作成

作成したフォルダは任意の名前に変更しましょう。

2 wordpressのテーマを格納するフォルダ名を変更しておく

そのフォルダに例としてWordPress デザインブックのsampleCDからsampleテーマを導入します。

3 sampleフォルダのファイルを追加コマンドで加える


sampleCDの該当ファイルを選択し転送します。

4 sampleファイルを追加する


ファイルを選択して、「開く」ボタンで、作成したフォルダに転送され作業は完了します。

5 ファイルが追加済み


あとはWordPressから導入したテーマを確認し、有効化することで新規テーマを利用および編集が可能になります。

6 sampleテーマの導入成功

なお、「sample」というテーマがCDから追加したサンプルテーマです。

書籍のsampleテーマはファイルこそあるのですが、中身が白紙状態で書籍の内容に沿って学習することでコンテンツが完成する形式になっています。

ねこぎじもこの書籍を参考にしてブログ以外のコンテツを作成しています。とはいえ公開には程遠い状態です。

さてまだまだ先は長いですが、一介のビジネスマンのWordpress奮闘記はしばらく続いてまいります。

それでは皆様のお仕事が捗ります様にお祈りしています。

ではでは。

テーマ : ホームページ・ブログ制作
ジャンル : コンピュータ

WebMatrix2またはWordPressにおけるMySQL削除時の注意点

ねこぎじです。

MySQLアンインストールの注意点



マイクロソフトのWebMatrix2はWebサイト開発において、初心者に快適な開発環境を提供してくれる良いTOOLです。

しかし、ねこぎじはWebMtrix2上で、WordPressの再インストールで大変苦労しました。

理由は、こともあろうかデータベースのパスワードがわからなくなった為です。

きちんと管理していたはずなのですが、どうもシステムから「違うよ~」と言われてしまいました。

どうもこうもならなくなってすべてを削除することにしたのですが、ここからドツボの始まり・・



そもそも、WordPressを動作させるには、MySQLというフリーだけど、現在は版元がサンマイクロシステムズからOracleに移行しているデータベースを利用しています。


このデータベースの削除が大変でした。



というのも、WebMatrix2および、WordPressのアンインストールをやっているのだと「思い込んで」いたのです。

ここまでかくと、?ねこぎじはMySQLのアンインストールを忘れていない?

そうです。ただし、「忘れていた訳ではない」のです。


マイクロソフトのWebPlatformInstallerとWebMatrix2

そして、WordPreessとMySQLの4大ソフトウエアのアンインストールは実行しました。


しかし、再インストールしてみると、MySQLのパスワードが設定されたまま(以前のパスワードはすでに訳分からくなってしまった(>_<) )


なぜそんなことになるか。


そうやっているうちに、再度アンインストールを実行してみてもMySQLは既に無いという始末!


困ったものです。





MySQLのサービスを停止しないとアンインストールが出来ない問題対策



とりあえず、状況を落ち着いて考えると・・・


データベースというソフトウエアは一種のサーバーの様な物です。


自分のコンピュータで動作させたつもりがなくても、勝手に起動しているのです。


どういうことかというと、WordPressはMySQLのデータベースを利用しています。

ブログの記事から、そのブログの管理、環境設定、構成すべてをMySQLのテーブルにデータとして格納されています。


そのため、PC起動と合わせて起動し、ユーザーがWebMatrixを起動して、WordPressを使う時点ではすでにMySQLは動作していなければなりません。


ではそれはどのようになっているのか。

パソコンの中でどのように動作しているのを確認するのかについては、「タスクマネージャー」から確認が出来ます。

WoebMatrix2からデータベースを覗いた画面に、タスクマネージャーを重ねました(^O^)ノ

40 WebMatrixとタスクマネージャのサービス確認

データベースのテーブル中身を表示しています。
見たことのある文言がありますよね!

この様に、WordPressで作成したブログの記事はタイトル、本文、画像などすべてがデータベースで管理されています。

サービスはシステムにとっては動作していることが前提の為、このままではMySQLのサービスが動いている為にMySQLのアンインストールが出来ません。

その為サービスの「停止」処理を行わなければ成らないのです。ただし、タスクマネージャーからは停止できないので別途手順を踏みます。

「スタートボタン」→「コントロールパネル」でコントロールパネルを起動してください。

40 スタート→コントロールパネル

さらに!

40 タスク管理ツールの起動01

もうひと手間!

40 コントロール→管理TOOL→サービスへ

さあ!サービスの管理画面起動です!

ありました!MySQLが!MySQLのサービスが動いていました。
道理で、削除出来ないはずでした。

それでは画像の内容に沿ってサービスを停止しましょう!

※MySQL以外のサービスは個々のパソコンにインストールされているサービスの種類で違うことをご了承ください。

40 管理ツール→サービスの停止操作01


MySQLのアンインストールに成功しているように見えるのに、MySQLのサービスが動いているケースがある場合があります。


さあ!

再度、MySQLの削除をすれば問題解決~!

普通、そうですよね(>_<)

え?なにかあるの?

そうなんです。これも想定外でした!

実は削除自体はすでに「完了」しているのです。

スタートボタンからすべてのプログラムを確認しても、「プログラムのアンインストール」処理画面からも、「MySQL」は削除されていることになっていました。

すごいこっちゃ!

ようは、サービスは起動したままでアンインストールすると、こういうことになる。そう理解しています。

実は、アンインストール途中で、サービスの停止画面が表示されたのですが、英文でわかりづらくそのまま停止しなくてアンインストールを進めたのが原因だったと思われます。


多分そうだと思うのですが、確認のしようがなく、そのまま突っ走りました!



MySQLのサービスの再開



ところでMySQLを再開については、簡単です。

40 サービスの再開 04

これでサービス停止まえの画像に戻ります。
状態は「停止」から「開始」になっているはずです。

最後に、サービスを選択して、右クリック→プロパティもしくは、サービス名をクリックするとプロパティが表示されます。


MySQLインストール先の確認


ご確認ください。MySQLのインストール先もしっかり判明します!

45 サービスのプロパティ確認

結論としては

MySQLのアンインストールは、必ずMySQLのサービスを停止してから行え!が鉄則?


そう理解しました(>_<)



さて、サービスは停止できましたが、MySQLのアンインストール問題はまだまだ続きます。
次回のお楽しみに・・

以上今日はここまでです。

内容が薄い割には、長くなってしまいました。

それでは皆様のお仕事が捗ります様にお祈りしています。
ではでは。

テーマ : web制作
ジャンル : コンピュータ

WordPressのサイドバーにGoogle AdSenseを設置はテキストで(^O^)ノ

ねこぎじです。

WordPressのサイドバーにGoogle AdSenseを設置はウィジェットのテキストでOKだったんですね。



新しく構築しているblogのGoogle AdSense設置をやっていたのですが、参考にしているサイトの情報通りにやってみると、どうも上手くいかなくて困っていました。


結構いろいろ試したのですよ。そのものGoogle AdSenseを設置出来るウィジェットをインストールして、実装すると、サイドバーのスタイルシートが崩れてしまうし・・

function.phpにウィジェットを実装する方法も試すと、サイトバーからはみ出たとこに設置されて、表示が出来ないなど・・


素人にはキツい! 方法がわかりません~!

とはいえ、もともと出来ない訳ではないはずで、ねこぎじがその方法を知らないだけでしょう。


そこで、考えに考えて、いろいろ試していたところ。。。


そもそもFC2や、AmebaのようにHTMLやjavaScriptを設置できるフリースペースのようなものがあればいいのでは?


そう考えて、よくよく見てみると。。

ありました。普通に、標準で! 「テキスト」そのまんまです。


何ができるかといえば、HTMLの記述が可能。


WordPressデザインブック3.x対応WordPressデザインブック3.x対応
(2011/09)
エビスコム

商品詳細を見る


こちらのお気に入りの書籍にも広告ではありませんが、記事のサマリーを表示するHTMLをテキストウィジェットに設置する方法が記述されていました。

そうです。これを使えばいいんです。

簡単でした。サイドバーにテキストウィジェットを設置して、そのテキストウィジェットのテキスト入力欄にGoogle AdSenseの広告のソースを貼り付けるだけです。

最初は、まったく白紙状態ですが、数時間後には広告が表示されていました!

あとは、本当に動くのか?

それは楽しみにしておきましょう。


それでは今日もとりとめない話題でした。

では皆様のお仕事が捗ります様にお祈りしています。
ではでは。

テーマ : ホームページ・ブログ制作
ジャンル : コンピュータ

WordPressのサイドバーをカスタマイズしようとしていたおバカさん

ねこぎじです。

amebaブログの方で、WordPressを使って新しいblogを作っています。そう告知していました。

独自ドメインを取得し、ロリポップ!サーバーをレンタルし、プランもサブドメインが100個作れるプランですのでblogやHPがサブドメイン形式で100個作れるわけなのです。

ねこぎじの構想は下記の通りのサイトを考えいます。

1.Zoho ソリューションのblog+HP
2.九州の観光情報のサイト(blog+HP)
3.文具やねこぎじのお気に入りのサイト

まずはこの辺からと考えております。

サイトはCMSを、以前から使って見たかったので、今回は人気の高いWordPressを利用しています。


テーマ(テンプレート)のカスタマイズにも挑戦しています。

独学ですので、参考書は下記の書籍を利用しています。


WordPress レッスンブック 3.x対応WordPress レッスンブック 3.x対応
(2010/09/08)
エビスコム

商品詳細を見る

この書籍は分かりやすさと、ねこぎじが考えていたカスタマイズの基本テクニックがほとんど網羅されている点を、とても評価しています。

書籍は、内容の濃さと、必要なテクニックの探し易さがとても重要です。このバランスが崩れると物足りなさや、必要なときにノウハウを書籍の中から探すのに時間が掛かって苦労することになります。

その意味では、バランスの良い書籍です。

そして、この書籍には続編があります。
より上級のテクニックを必要とする方向けのテクニック書籍です。


WordPressデザインブック3.x対応WordPressデザインブック3.x対応
(2011/09)
エビスコム

商品詳細を見る

以上の書籍を利用して独学しています。

それと無料テーマ(テンプレート)もお気に入りのテーマがありましたのでそのサイトの無料テーマを利用させて頂き、規約にもとづいてテーマのカスタマイズをやっているところです。


さて、このWordPressのテンプレートをカスタマイズする上で、ちょっと戸惑ったことを書きます。

それはINDEX.phpのカスタマイズは、参考にしたサイトや上記の書籍から得た知識で可能になったのですが、サイドバーのカスタマイズが全く上手く行かなかったのです。

その理由は、サイドバーはPHP言語で作られたプラグインのようなウィジェットと呼ばれるパーツをサイドバーに貼り付けるようなイメージで構築していくのです。


ところが、ねこぎじはそれとは別にサイドバーのソースコートを直接書き換えることでカスタマイズが出来ると思い込んでおりました。


ですから、いくらコードを書き換えても画面に内容が表示されません。

実はサイドバーがHTMLコードで直接書かれてはおらず、ウィジェットと呼ばれるパーツ郡がサイドバーを構成していることに遅まきながら気が付きました。

そこに気づくと、上記の書籍のデザインブックに該当するテクニックが掲載されていました。

これだ!

そう気が付き試してみるとあっさり出来なかったことが出来るようになりました。


「ふ~よかった~」いまほっとしているとこでこの記事を書いています。


今日は他愛のないことばかり書いていますが、問題になったサイドバーもHTMLを編集するという既成概念から開放されなければ苦労は続いていたことでしょう。


それでは今日はここまでです。

皆様のお仕事が捗りますようにお祈りしています。
ではでは。

テーマ : web制作
ジャンル : コンピュータ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

PDF (2)
広告
くろック ALL STARS
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する⇒ここをクリック頂くと記事リストが表示されます。

フリーエリア
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
プロフィール

ねこぎじ

Author:ねこぎじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ねこぎじと申します。Twitterやっています。宜しければフォローください